横田 貴仁

投稿日: カテゴリー: Type E

takahito-yokota
座右の銘:『すべてのものには、学ぶべきことがある』

私たちは日々生きていく中でたくさんの学ぶべきことに出会います。
楽しい中、成功の中で学ぶこと。
苦しい中、失敗の中で学ぶこと。

しかし、すべてのものに学ぶことがあったとしても、それを学ぶことができるかどうかはわかりません。
学ぶということは与えられることではないからです。

学ぶ姿勢をもって、自ら学ぼうとアプローチしなければ、たとえ学ぶことがあったとしても学ぶことができません。
学べることが日々の中にはたくさんあるのにも関わらず、それらを学べないのは、貪欲さと謙虚さが足りていないからだと私は思っています。

だから、

『すべてのものには、学ぶべきことがある』

この言葉を心に、「どんなことからでも学んでやるぞ!」という貪欲さを持ち、たとえ知識があったとしても驕り高ぶらないような謙虚さを忘れないようにすれば、今よりももっと成長していける。
そして、すべてのものには学べることがあると考えれば、ものの見え方や感じ方、得られるものが変わると考えています。

現在、私たちSYVPは臓器提供の意思表示率が低いという日本の社会問題を解決するために日々活動しています。
そして、その活動の中で多くの学ぶ機会に出会うことができます。
その貴重な機会を大切にし、貪欲さと謙虚さを持って主体的に学び、組織の発展、さらには社会問題の解決に寄与できるように日々精進していきたいと思います。

今後ともよろしくお願い致します!!