薄田 侑弥

投稿日: カテゴリー: Type F

yuya-usuda
座右の銘:「My life is my message」

これは、マハトマ・ガンディーの言葉であり、「相手に一番説得力を持って伝えることができるのは、言葉ではなく行動・実践である。生き様を見せることが何よりもの証拠になる。」という意味が込められています。

右肩上がりの経済成長を目指したことで、私たちは豊かな生活を手に入れることができました。その代償に、様々な社会問題を生み出しており、その課題の上に豊かな生活が成り立っている構造になっています。そして日本は、今や世界の中で課題先進国と言われるほど、社会課題が溢れています。

「環境が悪くなっているから、環境にいいことをしよう。」
「ごみ問題が起きているから、ごみを減らしたり分別をしっかりしよう。」

私たちは様々な課題を認識しています。そしてそのための解決策もわかっているし言葉にすることができます。
しかし、それを体現する生き方ができているでしょうか?

言葉も大事ですが、それに伴った行動や実践を、生きる中で体現することがとても大事だと考えています。これは社会問題に限りません。「背中を見て育つ」とあるように「生き方自体が、その人が伝えたい言葉やメッセージになっている」こと、つまり自分なりの「生き様」を持った人間となれるよう、日々過ごしています。

Share Your Valur Projectは、意思表示の行動をマーケティングの手法によって促進する活動をしています。意思表示という身近な社会問題を自分ごととして捉え行動を起こすことができれば、人々はそれ以外の社会課題に対しても、言葉だけでなく、行動や実践をする人たちが増えると信じています。

そして、私たちのビジョンである「様々な社会課題に向き合い,自ら意思決定・行動し,互いの意思を尊重する『自律し,認め合う社会』」を想い描き、活動に取り組んでいきます。