冨野 祐貴

投稿日: カテゴリー: Type H

tomino-yuki

座右の銘:「切磋琢磨」

切磋琢磨には、一つは学問や人徳をよりいっそう磨き上げること、もう一つは友人同士が互いに励まし合い競争し合って、共に向上すること2つの意味があります。常に自らを磨き上げ、時には友人とともに互いに磨きあいその価値を高めていくとてもいい言葉だと私は思っています。
この言葉を常に念頭に置いておくことにより、自らの励みにいつもなっています。私が頑張れば、自然と仲間のレベルも高くなっていくのだろうと。

この言葉を念頭に置くことになったのは瓜生原ゼミに入ってからです。それ以来、以前の自分より少し積極的になれたと感じています。今後もこの言葉を念頭に置きながら、「全員で切磋琢磨できるゼミ」になっていければいいなと私は思っています。

私はこのSYVPという機関に所属することにより様々な経験をさせていただいております。様々な知識を得たり、その知識について色々考えることもあります。常にゼミの時間では「切磋琢磨」してる状況と言えます。この切磋琢磨の連鎖をfacebookをご覧いただいている皆様へお届けできればいいなと思っています。

一歩一歩前に進んでいこうと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします!