浅田 拓人

投稿日: カテゴリー: Type D

Takuto Asada

座右の銘:「直心是道場」(じきしんこれどうじょう)

この言葉は禅の教えで、「直心」という言葉には素直な心の意味があります。相手を尊重し、自分は謙虚にいることが心の基であり、またその心を持って全ての事に取り組むと毎日が修行であり、今いる場は己を鍛えてくれる道場であるという教えです。

活動の中で、人々に移植医療の意思表示について考え、話し合い、その大切さを理解していただくのは簡単なことではなく、時には厳しく辛い経験もあります。そんな中、人々の様々な考えを認め、尊重した上で、自分の死後の想いを意思表示として家族に残す大切さを伝えれるよう尽力しています。

この「様々な考えを認め、尊重する」という考えは「直心」と重なり、どんな辛い時も「直心是道場」という言葉を思い出し、「今自分は鍛えられている、成長させていただいている」と心で唱え、どのような機会でも自分の成長に結びつくよう心がけています。

私はこれからも、関わってくださるみなさんに対して「感謝」の気持ちを忘れず、その恩返しの形として移植医療の意思表示という社会への貢献を目指し、活動を行っていきます。そして、SYVPメンバー1人1人が主体的に学ぶ1日1日が結びつき、社会を大きく変えることができるようリーダーとしての職務を果たす所存です。社会を変えるために、メンバー全員が本気で取り組むSYVPをこれからもご支援宜しくお願い致します。